前へ
次へ

戸籍と住民票似ているようで違う?

会社や工場などに勤務する人が業務に起因するケガや病気などで仕事に就くことができなくなったときは労災保険から休業補償を受けることができますが、業務外のケガや病気の場合は健康保険から給付が受けられます。この、後者の給付を傷病手当金といいます。傷病手当金は、被保険者が療養のために労務に服することができず、報酬が得られなかった際に最長1年6か月間支給されます。ただし最初の3日間は待期期間となるため、支給開始は休業4日目からとなります。支給される額は標準報酬日額の3分の2を限度とし、事業主から低額の休職給等が支払われるときはその差額が支給されます。なお標準報酬日額とは、保険料の計算等のためにあらかじめ保険者に届け出てある標準報酬月額を30で割った額です。

top用置換

top用置換2
Page Top